海外から日本に入国する全ての方へ
日本に入国する際に検査証明書の提出が出来ない方は入国が拒否されます(3月19日(金)日本到着から)

2021/3/18
 豪州から日本に入国する、日本人を含む全ての日本への入国者・再入国者・帰国者は、日本政府が実施している水際対策措置により、入国に当たって以下の措置が実施されていますので、準備の上渡航されるようご留意下さい。
 なお、これらの措置については、新型コロナウイルスの感染状況を踏まえ変更となる可能性がありますので、以下の5の各種問い合わせ先等を通じて最新の情報を御確認下さい。

新型コロナウイルス検査証明のよくある質問はこちらをご覧ください。
 

1 出国前72時間以内の新型コロナウイルス検査証明

 (1) 日本に入国する場合には、出国前72時間以内の新型コロナウイルス検査証明の提出が必要です。3月19日(金)より、検査証明を提出できない場合は、検疫法に基づき、日本への上陸が認められず、航空機への搭乗も拒否されることとなりますので、ご注意下さい。 本件措置の詳細については、以下の厚生労働省HPをご覧下さい。
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00248.html
 
 豪州国内で、検査証明が取得可能な検査機関はこちらをご参照ください。

 検査証明書のフォーマットはこちらをご参照ください。

 なお、出発前72時間以内とは、検体を採取する時間が起点となり、出発時間とは搭乗予定の航空機の出発予定時刻を指しますが、個別・具体的なご質問のある方は、下記厚生労働省の相談窓口にご相談ください。
○厚生労働省新型コロナウイルス感染症相談窓口
 日本国内から:0120-565-653
 海外から:+81-3-3595-2176 (日本語、英語、中国語、韓国語に対応)


(2) 9月9日(木)23:59より、豪州からシンガポールを経由して日本に入国する全ての方は豪州出国前48時間以内に検体を採取した新型コロナウイルス検査陰性証明の提出が必要です。
詳細は以下のリンクをご覧ください。
https://www.moh.gov.sg/news-highlights/details/updates-on-border-measures-for-travellers 
 
検査証明書のフォーマット又はご質問がある方は直接シンガポール保健省までお尋ねください。
連絡先:+65 6325 9220


またシンガポールを経由して日本に入国する場合、シンガポール航空は、認定又は承認された検査機関による証明書の提示を求める可能性があります。新型コロナウイルスの影響により、規定が変わる事もありますので、詳細は以下のシンガポール航空のホームページをご確認ください。
英 語:https://www.singaporeair.com/en_UK/sg/travel-info/pdt-pcr-locations/
日本語:https://www.singaporeair.com/ja_JP/jp/travel-info/pdt-pcr-locations/

 

2 誓約書の提出

 入国時に14日間の公共交通機関の不使用、14日間の自宅又は宿泊施設での待機、位置情報の保存・提示、接触確認アプリの導入等について誓約を求めるとともに、誓約に違反した場合には、
検疫法上の停留の対象にされ得るほか、以下の措置が取られますので、ご注意下さい。
 ・日本人については、氏名や感染拡大の防止に資する情報が公表され得ます。
 ・在留資格保持者については、氏名、国籍や感染拡大の防止に資する情報が公表され得るとともに、
 出入国管理及び難民認定法の法規に基づく在留資格取消手続及び退去強制手続等の対象となり得ます。
 誓約書を提出できない場合は、検疫所長の指定する場所で14日間待機することが要請されますので、ご注意下さい。
詳細はこちらをご覧下さい。
 誓約書のフォーマットはこちら(日本語英語)をご参照ください。
 

3 スマートフォンの携行、必要なアプリの登録・利用

 誓約書の誓約事項を実施するため、位置情報を提示するために必要なアプリ等を利用できるスマートフォンの所持が必要となります。
検疫手続きの際に、必要なアプリを利用できるスマートフォンの所持を確認できない方は、入国前に空港内でスマートフォンをご自身の負担でレンタルしていただくよう、お願いします。
詳細はこちらをご覧下さい。
 

4 質問票の提出

 入国後14日間の健康状態フォローアップのため、検疫時にメールアドレス、電話番号等の連絡先を確認します。
詳細はこちらをご覧下さい。
 

5 各種問い合わせ先等

(問い合わせ窓口)
○検疫の強化について:厚生労働省新型コロナウイルス感染症相談窓口
 日本国内から:0120-565-653
 海外から:+81-3-3595-2176(日本語、英語、中国語、韓国語に対応)

○入国拒否、日本への再入国について:出入国在留管理庁
  電話:(代表)03-3580-4111(内線4446、4447)

○外国人在留支援センター内外務省ビザ・インフォメーション
  電話:0570-011000(ナビダイヤル:案内に従い、日本語の「1」を選んだ後、「5」を押してください。)
 一部のIP電話からは、03-5363-3013

○外務省海外安全ホームページ
  https://www.anzen.mofa.go.jp/(PC版・スマートフォン版)
  http://www.anzen.mofa.go.jp/m/mbtop.html(モバイル版)

外務省感染症危険情報発出国については、外務省海外安全ホームページ( https://www.anzen.mofa.go.jp/ )を御確認ください。
査証制限措置対象国については外務省ホームページを御確認ください。( https://www.mofa.go.jp/mofaj/ca/fna/page4_005130.html