在留届とは

在留届は、在留邦人が海外に滞在していることを、総領事館に連絡しておく為のもので、海外において日本政府の行政サービスや緊急連絡を受ける際の基礎的な資料となる重要なものです。

旅券法第16条により、外国に住所または居所を定めて3ヶ月以上滞在する日本人は、その地を管轄する大使館または総領事館に氏名をはじめ旅券番号、連絡先等を「在留届」として提出するよう義務づけられています。

「在留届」はあなたのためのものです。

在留届が出ていないと、総領事館は、あなたが海外に滞在していることを知り得ません。

  1. 万一、あなたが海外で事件、事故、災害等に遭ったとき、安否の確認、緊急連絡、救援活動、留守宅への連絡等に、在留届は用いられます。
  2. 「最近海外の家族からの音信がない」「海外で事故に遭ったのでは」といった留守宅からの安否の問い合わせにも「在留届」があると早く確認できます。
  3. 「在留届」を提出しておけば、大使館や総領事館でスムーズな窓口サービス(旅券の申請、戸籍、国籍関係事務、各種の証明事務、在外選挙人登録等)を受けられます。
  4. 「在留届」は、海外在住の皆様の為の教育、医療、安全等の施策を政府が検討する際の基礎的資料となります。

プライバシーの保護

[在留届]は、提出者のプライバシーを守るため、十分な注意を払った上で、管理しています。


上部へ戻る