イベント・レポート

令和2年春の外国人叙勲

2020年4月29日,日本政府は,令和2年春の外国人叙勲受章者を発表し,この中で,ロス・ジェームズ・マッコナキー元クイーンズランド豪日協会会長が叙勲されることが公表されました。同氏は,日本・豪州間における地域間交流,および相互理解の促進に寄与した功績が認められ,本年,旭日小綬章を受章することとなりました。

賞賜: 旭日小綬章
功績概要: 日本・オーストラリアの地域間交流および相互理解の促進に寄与
氏名: ロス・ジェームズ・マッコナキー
主要経歴: 元クイーンズランド豪日協会会長
住所(国籍): オーストラリア クイーンズランド州ブリスベン市

マッコナキー氏は昭和63年(1988年)、クイーンズランド豪日協会の会員となり、平成5年(1993年)から25年以上にわたり同協会の理事を務めました。マッコナキー氏が同協会副会長(平成14~19年:2002~2017年)および会長(平成19~24年:2007~2012年)を務めた期間には日本関連キャリア・セミナーを開始し,またインターネットを通じた広報を進めるなど,より多くの人に日本が一層身近な存在となるよう多くの事業に取り組みました。さらに、本年35周年を迎える神戸・ブリスベンの姉妹都市関係の再活性化に取り組み,関係維持強化にあたり双方の経済的利益が重要であるとの観点から、平成22年(2010年)には貿易ミッションの初めての派遣に尽力するなど,姉妹都市関係の強化に寄与しました。


令和元年秋の外国人叙勲

2019年11月3日,日本政府は,令和元年秋の外国人叙勲受章者を発表し,この中で,ロス・デイビッド・マキノン元ブリスベン市立マウントクーサ植物園園長が叙勲されることが公表されました。同氏は,豪州における日本文化の紹介および対日理解の促進に寄与した功績が認められ,本年,旭日小綬章を受章することとなりました。

賞賜: 旭日小綬章
功績概要: オーストラリアにおける日本文化の紹介及び対日理解の促進に寄与
氏名: ロス・デイビッド・マキノン
主要経歴: ブリスベン市立マウントクーサ植物園園長
住所(国籍): オーストラリア クイーンズランド州ブリスベン市

マキノン氏は,ブリスベン市立マウントクーサ植物園園長という立場から,当地における1988年ブリスベン観光万国博覧会において,日本政府により展示された日本庭園の文化的価値を評価し,ブリスベン市立マウントクーサ植物園への移設実現に尽力しました。同庭園移設後も同庭園を利用して日本文化紹介事業の実施に尽力し,オーストラリアにおける日本文化の紹介及び対日理解の促進に多大な貢献を行いました。


ジャパンウィーク2019

8月、ジャパンウィーク2019が開催されました。 16日(金)は、クイーンストリートモールにて、日本舞踊、和太鼓、笛、尺八等和楽器を中心とした公演と書道や空手のデモンストレーションを実施しました。 

JCPD1 JCPD2 JCPD3
JCPD4 JCPD5 JCPD6
JCPD7 JCPD8 JCPD9
JCPD10 JCPD11

8月18日(日)は、マウントクーサ内の植物園日本庭園にて、茶道、書道、生け花、餅つき等の日本文化を紹介しました。

 
JCD2019_1 JCD2019_2 Shodo2019_2
JCD2019_5 JCD2019_6 JCD2019_7
JCD2019_8 JCD2019_9 JCD2019_10

海上自衛隊護衛艦「いせ」 特別公開

2019年7月28日(日)、ブリスベン港に寄港した海上自衛隊護衛艦「いせ」(JS ISE(DDH182))の特別公開が実施されました。 クイーンズランド補習授業校ブリスベン校・ゴールドコースト校の在校生及びご家族、約400名の参加がありました。

参加された皆様は、護衛艦「いせ」の乗員により、艦内から航空機用昇降機で甲板上へと案内され、同艦の装備や搭載されたヘリコプターの説明を受けつつ見学し、艦橋(操舵室)や飛行管制室にも案内されました。艦長席で双眼鏡を覗いたり、ヘリコプターの操縦桿を握ったりと、参加された皆様は思い思い楽しんでいました。

また、参加された皆様から、護衛艦「いせ」や海上自衛隊及び陸上自衛隊の活動などの質問が多く寄せられ、乗員が一つ一つ丁寧に答えていました。

翌29日、護衛艦「いせ」は次の目的地であるパプアニューギニアへと出航いたしました。

海上自衛隊及び陸上自衛隊の皆様、ありがとうございました。
次回のブリスベンへ寄港をお待ちしております。

JSISE1j JSISE2j JSISE3j
JSISE4j JSISE5j JSISE6j
JSISE7j JSISE8j JSISE9j

令和元年度外務大臣表彰 受賞者発表

7月16日、日本国外務省は、令和元年度外務大臣表彰受賞者を発表しました。

外務大臣表彰は、多くの方々が国際関係の様々な分野で活躍し、我が国と諸外国との友好親善関係の増進に多大な貢献をしている中で、特に顕著な功績のあった個人および団体について,その功績を称えるとともに、その活動に対する一層の理解と支持を国民各層にお願いすることを目的としています。

今年度はクイーンズランド州から以下の個人への外務大臣表彰授与が発表されました。

小島 榮松(通称:小島 舟豊) 書道家

今年度表彰されるのは、206個人、63団体です。
(国内在住受賞者は31個人、8団体。海外在住受賞者は175個人、55団体。)。


関連リンク: 令和元年度外務大臣表彰 報道発表(外務省)

山田明子氏に対する勲章伝達式

平成31年3月7日、総領事公邸において、平成30年秋に旭日双光章を叙勲された 山田明子氏に対する勲章伝達式が実施されました。山田明子氏はブリスベン駐在裏千家講師および日本文化センター長として長年にわたりオーストラリアにおける日本文化の紹介に寄与されてきました。

ay1 ay2

平成31年 新年祝賀レセプションの開催

1月31日、総領事公邸において、新年祝賀レセプションを開催しました。レセプションには、ブリスベンやゴールドコーストのビジネス関係者、日本人会、日本文化・日本語教育等関係者など約90名の方に出席して頂きました。レセプションでは、鏡開きを行うとともに、日本食プロモーションの一環として和食や日本酒などが提供されました。

NY2019a NY2019b NY2019c
NY2019d NY2019e NY2019f NY2019g

イベント・アーカイブ

イベント・レポート 2018

イベント・レポート 2017

イベント・レポート 2016 (英語) 

イベント・レポート 2015

イベント・レポート 2014 (英語)

イベント・レポート 2013 (英語)

TOP